トマト農園

直営農場 しおかぜファーム

壱岐は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの小さな島です。古代から海の交通の要衝として古事記』では「伊伎島(いきのしま)」とされ、別名を天比登都柱(あめひとつばしら)とも呼ばれていました。この小さな島に神社の数が、なんと150以上もあり、「神々の集う島」として、最近ではパワースポットを巡る観光も盛んです。

壱岐の潮風のトマトは、この壱岐島のはずれの長閑な漁村の高台にあります。燦々と降り注ぐ太陽と対馬暖流に恵まれた温暖な気候、そしてなによりも、神々の集う島にある養分豊かな土壌。

その地で最先端の「アイメック農法」によって栽培された「壱岐の潮風」のトマトは、贈答用としても自家用としてもリピート率97%の人気商品です。アイメック栽培の甘いトマトで、トマト嫌いなお子さまにもお喜びいただけます。「こんなトマトは初めて!」という感動を、ぜひ一度味わってみてください。

アイメック®(フィルム農法)とは?

アイメック®(フィルム農法)は、メビオール株式会社が開発した農法です。世界が今日直面している食の安全性、水不足や土壌汚染等の深刻な問題に対処するために開発されたハイドロゲル膜を用いた世界初の技術です。

imec

アイメック®ではハイドロゲルでできた薄いフィルムの上で植物が育ちます。フィルムには無数のナノサイズの穴が開いており、水と養分だけを通します。

また農薬を使わなくてもバクテリアや細菌、ウィルスによる汚染を防ぐことができるため、安全な作物をつくることができます。植物はハイドロゲル中の吸い難い水を吸おうとして、植物は沢山の糖分、アミノ酸などを作り出します。その結果、高糖度と高栄養価が達成されます。